1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. 白浜営農組合「キヌヒカリ」を順調に田植え
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. 白浜営農組合「キヌヒカリ」を順調に田植え

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

白浜営農組合「キヌヒカリ」を順調に田植え

田植えが進む白浜地区
田植えが進む白浜地区

 白浜営農組合は23日と24日の2日間、熊本市西区河内町白浜地区で、早期米「キヌヒカリ」約20ヘクタールを移植しました。6月中旬には普通米「くまさんの力」23ヘクタールを田植え予定。今年は反収8俵(1俵・60キロ)を目標とします。

 同組合の組合員数は約150人。約43ヘクタールの圃場を、オペレーター15人、役員14人が一括管理しています。

 昨年は、梅雨時期の大雨被害と夏場の高温の影響を受け、反収は7.5俵でした。今年度は、育苗管理を徹底し、苗の定植本数を増やすことで、収量確保を目指します。

 坂本信一組合長は、「今年は10日遅れの田植えとなったが、順調に定植できた。収穫に向けて徹底した管理を心掛けたい」と話しました。