1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. タマネギいよいよ最盛 大玉で高品質
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. タマネギいよいよ最盛 大玉で高品質

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

タマネギいよいよ最盛 大玉で高品質

 JA熊本市玉葱部会は、タマネギの出荷がピークを目前に控えています。小島地区管内では19日、日量850ケース(1ケース・10キロ)の出荷が行われました。2017年産は、出荷時期になり不安定な天候に見舞われたため、日により出荷量の変動がありますが、大玉で甘味があり、高品質な仕上がりになっていると市場からの評価を得ています。
 部会は生産者8戸が約8ヘクタールを作付け。主に広島を中心に中国地方、大分、熊本県内へと出荷します。自然光で3日ほど天日干しをすることで、甘さが増し、美味しさが凝縮したタマネギに仕上げます。
 岩崎俊一部会長の畑では、毎日朝から夜遅くまで収穫・出荷の作業を行っています。「昨年は震災の影響で、農地の液状化や病気がまん延したため、多くのタマネギが処分され出荷出来なかった。今年は天候不順だが、出来のいいタマネギを出荷できる。」と、部会長は期待を寄せます。
 タマネギの出荷の最盛期は5月の連休明けに迎えます。今年度は、日量1500ケースを見込み、総出荷量500トン、販売目標は5000万円を目指します。
 
新鮮で美味しい「健康たまねぎ」
新鮮で美味しい「健康たまねぎ」
収穫・出荷作業に追われる岩崎部会長
収穫・出荷作業に追われる岩崎部会長