1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. 自慢のナスで復興支援
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. 自慢のナスで復興支援

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

自慢のナスで復興支援

テクノ仮説団地の住民にナスを手渡す小山部会長
テクノ仮説団地の住民にナスを手渡す小山部会長

 JA熊本市茄子部会は15日、復興支援及び「4.17なすび記念日」に合わせて、JA熊本経済連主催の熊本県産ナスを無料配布イベントに参加しました。

 今年は、復興支援を兼ねて、熊本地震被災地である益城町を訪れ、516戸の被災者が住むテクノ仮説団地を訪問した。熊本県内のナス産地であるJA熊本市、JAうきの新鮮なナスを1本ずつ組み合わせて配布。全体で1500本(1袋2本入り)を被災地へ届けました。

 例年、熊本市の中心街での無料配布でしたが、今年は震災復興元年であることから、部会内で話し合い益城への訪問が決まりました。

 小山永治部会長は、「震災で大変な思いをした皆様に、新鮮で美味しいナスを是非味わってもらいたい。」と思いを語りました。ナスを受け取った住民は「ありがとうございます。頑張ります。」と復興への期待を寄せました。