1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. タケノコ順調に収穫 若手多い有望産地
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. タケノコ順調に収穫 若手多い有望産地

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

タケノコ順調に収穫 若手多い有望産地

収穫が順調に進むタケノコ
収穫が順調に進むタケノコ

 JA熊本市芳野筍部会は3月18日、2017年産のタケノコを初出荷しました。品種は「モウソウチク」。4月中旬まで30トンの出荷を見込みます。部会長は「部会として初年度の出荷となる。需要が伸びている国産タケノコを安定出荷したい」と話します。

 熊本市西区でタケノコを生産する部会長の圃場では、出荷に向けて順調に収穫が進んでいます。3月は気温が低いため、あくが少なく食味が良いですが、土の中にタケノコが埋まっていて探し出すのにこつが必要です。部会長は地面の微妙な変化でタケノコを探し出し、くわで掘り出していきます。

 品質の良いタケノコを生産するため、昨年の12月に肥料をまき、今年の2月に古くなった親竹を間引きました。出荷時には、温度が上がらないように保冷剤を入れ品質を保ちます。

 最盛期の4月中旬は日量約1トンを見込みます。同部会は若手生産者が多く、有望な産地として期待されており、今後部会員数を増やし、産地確立を目指していきます。