1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. 水前寺セリ 年末年始の需要に向け出荷順調
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. 水前寺セリ 年末年始の需要に向け出荷順調

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

水前寺セリ 年末年始の需要に向け出荷順調

セリの出荷作業が順調に行われています
セリの出荷作業が順調に行われています

 熊本市の湧水を利用して生産する水前寺セリの出荷が連日行われています。JA熊本市園芸部会水前寺セリ生産部会では、12月15日、30ケース(1ケース1・6キロ)を出荷しました。春の七草の筆頭にあげられるセリは、今月25日から来年1月7日までは市場からの需要が高く、日量は倍以上に増えます。出荷は11月中旬から来年4月下旬まで、7000㌜を計画します。湧水で栽培する水前寺セリは、香りと色合いが良く、あくが少ないのが特徴。熊本の伝統野菜「ひご野菜」15品目のひとつとして知られます。

 熊本市東区画図町の水田で15日、「根つき」セリの収穫が行われました。生産者は「徹底した葉の選別で品質の高いものを市場に届けたい。おひたしやお好み焼きに入れて食べるのがオススメ」と話します。部会では「根つき」を1月まで、その後「根切り」を出荷します。出荷先は主に大阪・名古屋方面。7戸の農家が約75アールで生産します。