1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. 「肥後のでこなす」出荷始まる
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. 「肥後のでこなす」出荷始まる

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

「肥後のでこなす」出荷始まる

平成28年産のナスの出荷が始まった
平成28年産のナスの出荷が始まった

 熊本市南区会富町のJA熊本市野菜選果施設で9月21日、平成28年産のナスの出荷が始まりました。初日は、長22センチほどのLサイズを中心に、4500ケース(1ケース4キロ)を出荷。JA熊本市茄子部会では翌年6月末まで出荷し、2016年産出荷量は計1万2160トンを計画します。

 販売担当職員は「生産者の努力もあり出荷を無事に迎えることができた。安定した出荷で市場に届け、消費拡大に努め一層の認知向上を図りたい」と話します。

 品種は長ナスの「筑陽」。商標「肥後のでこなす」として販売しており、つやとボリューム感で市場からの人気が高く、アクが少なく甘みがあり色々な料理に適しています。

 部会は163戸の農家が約76ヘクタールで生産。天敵を活用した防除の確立や栽培管理の記録徹底などで、高品質のナスの出荷に取り組んでいます。