1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. 消費宣伝、生産販売対策を確認/JA熊本市柑橘部会通常総会
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. 消費宣伝、生産販売対策を確認/JA熊本市柑橘部会通常総会

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

消費宣伝、生産販売対策を確認/JA熊本市柑橘部会通常総会

部会員一丸となり市場・消費地の期待に応えられる夢未来みかんブランドの確立を目指します
部会員一丸となり市場・消費地の期待に応えられる夢未来みかんブランドの確立を目指します

 JA熊本市柑橘部会は5月12日、熊本市西区河内町のJA熊本市夢未来柑橘選果場で通常総会を開きました。本格的な生産管理の始まりを目前に、消費宣伝・生産販売対策を確認。部会員一丸となり市場・消費地の期待に応えられる夢未来みかんブランドの確立を目指します。

 今年は新たに、消費地から要望される年末商材となる尾崎温州の生産量3000トン(前年生産量1048トン)を目標に掲げます。

 部会員はじめ全国の取引市場14社、仲卸1社、地元議員や行政、JA関係者ら約400人が集まりました。中川晃一部会長は「災害で大変な状況ではあるが、美味しいミカンを送り出すことが私たちにできること。基本管理を怠らず今年も精一杯の生産をしていこう」とあいさつ。

 同選果場は、全国有数の温州ミカンの出荷量を誇ります。平成27年度の生産販売実績は2万1550トン(前年比24%減)、売上実績は38億4649万円(前年同)。役員改選では、部会長に中川晃一さんが再任し、副部会長に上村英哉さんが選出されました。