1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. 大玉スイカ出荷始まる
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. 大玉スイカ出荷始まる

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

大玉スイカ出荷始まる

出荷が始まった大玉スイカ
出荷が始まった大玉スイカ

 熊本市北区鹿子木町のJA熊本市北部選果場で3月28日、大玉スイカの出荷が始まりました。

 初日は1戸の農家が約200玉持ち込みました。出荷最盛期のゴールデンウィークには日量25000玉を選果し、6月下旬まで約4000トンの出荷を見込みます。内容、品質を検査する次世代型選果機で、安定した品質のスイカを出荷します。

 同選果場にはJA熊本市園芸部会北部支部の生産農家約180戸が出荷。出荷先は関東や関西、中国、東北地方。

 部会員全員が収穫の目印として着果棒を使っており、直径7センチの段階で着果棒を立て収穫までの日数を正確に把握し、内容の均一化、秀品率の向上を目指します。3月25日には、着果棒を立ててから42日と44日経ったスイカの糖度・食味を比べて、初出荷日を決めました。

 中山和彦支部長は「今年も安定した食味のスイカを市場に届けたい」と話します。