1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. あぐりキッズスクール
  1. トップページ
  2. あぐりキッズスクール
  3. 第1回 農業や食の大切さ学ぼう 〜第9期あぐりキッズスクール開校〜
  1. トップページ
  2. あぐりキッズスクール
  3. あぐりキッズスクール
  4. 第1回 農業や食の大切さ学ぼう 〜第9期あぐりキッズスクール開校〜

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

第1回 農業や食の大切さ学ぼう 〜第9期あぐりキッズスクール開校〜

 JA熊本市は5月18日、平成25年度第9期あぐりキッズスクールの開校式を本店で行い、市内20校の小学生73人が入校しました。農作業体験を通じて農業や食の大切さを学んでもらおうと、平成17年から取り組んでいます。

 

 宮本隆幸組合長が「命の大切さや収穫の喜びを知り、食に感謝する心を育み、たくさんの思い出を作ってもらいたい」とあいさつ。児童代表が「すばらしい自 然を体で感じ、友達をたくさんつくります」など同スクール5つの約束を読み上げました。担任には13年度新入職員24人が就きました。


 式後は同市南区川口町の宮本組合長のハウスに移動し、スクール生らはミニトマトの収穫を体験。JA野菜選果施設も訪れ、ナスやメロンが機械で選別される 様子を見学しました。昼食はJA職員らが旬の野菜を使った手料理を用意。新タマネギとキャベツとベーコンの野菜スープ、トマトのマリネ、おにぎりなどを味 わいました。

 

 スクール生は「ミニトマトはフルーツみたいに甘くて美味しかった。これから1年間、楽しく農業について学びたい」と笑顔。今期も田植えや稲刈り、野菜・果実の収穫体験などJA青壮年部やJA女性部の協力を得て年8回開催予定です。