1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. 第24回JA熊本市女性大会・家の光大会
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. 第24回JA熊本市女性大会・家の光大会

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

第24回JA熊本市女性大会・家の光大会

女性部員や行政、JA関係者ら約800人が参加
女性部員や行政、JA関係者ら約800人が参加
 

 組織活動、家の光記事活用の重要性を再認識しようと、JA熊本市女性部は2月17日、第24回女性大会・家の光大会を熊本市民会館崇城大学ホールで開きました。支部代表が体験発表し、各支部が歌や踊りの出し物を披露。家の光記事活用作品、花・農産物など計54点を展示し、日頃の活動成果を発表し交流を深めました。

 大会申し合わせには「生活文化活動の実践をとおして、生きがいのある豊かなくらしと安心して暮らせる地域づくりをすすめよう」や「地域と一体になり、JA食農教育活動に取り組み、食と農の大切さを次世代の子供達に伝えよう」など5つを採択。

 組織活動体験発表では村田靖子さん(河内支部)が「〜輝く女性〜笑顔は心の宝物」、家の光記事活用体験発表では田尻友江さん(ハイミセス支部)が「農を業として今までとこれからと」と題し発表。熊本県立大学総合管理学部教授の石橋敏郎氏が「女性を大事にせんと、よか老後はおくれんばい!」と講演しました。

 田島イツ子女性部長が「地域と連携しながら住みよい地域社会づくり活動に力をいれ、今後高齢化が進みますます女性部の力が必要となる中、福祉活動に参加し地域との繋がり絆を深めていきたい」とあいさつしました。