1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. 大玉スイカ出荷順調
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. 大玉スイカ出荷順調

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

大玉スイカ出荷順調

次々に運び込まれるスイカ
次々に運び込まれるスイカ

 JA熊本市管内で、平成27年産春夏大玉スイカの出荷が順調に行われています。4月6日は、5000玉がJA熊本市北部選果場(熊本市北区鹿子木町)に運び込まれました。

 初選果日の3月30日は3000玉の出荷で始まりました。4月15日頃から、日量10000〜15000玉を出荷予定。5月の連休に出荷のピークを迎え、出荷は6月下旬まで続きます。

 営農担当職員は「2、3月の不安定な天候の影響で着果不良を起こしている圃場も見られ、例年より小玉傾向で出荷が始まった。4月半ばから玉サイズは例年並に戻る」と話します。平成27年産春夏大玉スイカは4648トン(同103%)の出荷を見込みます。

 JA熊本市園芸部会は、生産農家171戸(前年比102%)が129・2ヘクタール(同103%)で栽培します。

 部会は収穫の目印に着果棒を使い、秀品率の向上と安定出荷に取り組んでおり、同選果場は、内容・品質を検査する次世代型選果機で選果し、安定した品質の「夢未来」ブランドのスイカを出荷します。