1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. イチゴ クリスマスに向けて出荷ピーク
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. イチゴ クリスマスに向けて出荷ピーク

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

イチゴ クリスマスに向けて出荷ピーク

 熊本市管内で12月19日、クリスマスに向けてイチゴの出荷がピークを迎えています。現在日量約4000パック(1パック250グラム、6〜30粒入)を出荷。今年はクリスマス時期に1番果の出荷ピークが重なり、生産者は出荷作業に追われています。2番果は例年より早く1月10日頃から出荷が始まる見込みで、順調に連続出荷が行われる予定です。

 JA熊本市白浜苺部会は「紅ほっぺ」「さがほのか」の2品種を、18戸の農家が6・4ヘクタールで栽培しています。炭酸ガスの使用や、午前中の収穫の徹底により、高品質で棚持ちの良いイチゴの出荷を行っています。

 村上栄朗部会長は「今年は国の補助事業で高設栽培の施設を導入し、部会の約半分が高設栽培で生産を行っている。労力の軽減、雇用の確保につながるので、収量増、高品質のイチゴの生産につながる」と話します。

 商品パッケージには、県のPRキャラクター「くまモン」のイラストをあしらい消費拡大につなげます。生産者の名前を印字し、消費者が安心して購入できるようにしています。2014年産は、全体で250トンの出荷を見込みます。