1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. 生産者と児童が一緒に味噌づくり体験
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. 生産者と児童が一緒に味噌づくり体験

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

生産者と児童が一緒に味噌づくり体験

 JA熊本市湖東支店女性部味噌クラブは11月27日、熊本市立秋津小学校3年生の児童らと味噌づくり体験を行いました。地元の秋津産大豆「フクユタカ」と麦を使い、同支店内にある味噌加工所「美素工房」で作りました。味噌は1月末に児童らに配布し、味わってもらいます。

 児童89人は、味噌クラブの女性部員の指導のもと、麦と麹を混ぜる作業や大豆とあめ(大豆を煮た汁)を混ぜる作業を行いました。児童らは「美味しくなぁれ」と掛け声に合わせて楽しそうに作業に取り組みました。麦40キロ、大豆20キロ、塩10キロを使用し、約70キロの味噌を作りました。

 味噌作りは初めてという児童は「麹や大豆、塩や麦など手で混ぜたので、様々な感触があって面白かった。完成した味噌は、お母さんと一緒に味噌汁にして食べたい」と話しました。

 「私たちのお味噌をよろしくお願いいたします」と児童らは作った味噌を預け、出来上がりを楽しみに待ちます。

こうじと煮た大豆を混ぜ合わせます
こうじと煮た大豆を混ぜ合わせます
麦と麹菌を混ぜ合わせる作業
麦と麹菌を混ぜ合わせる作業
2〜3ヶ月で出来上がり
2〜3ヶ月で出来上がり
JA熊本市湖東支店内にある「美素工房」で味噌づくり
JA熊本市湖東支店内にある「美素工房」で味噌づくり
麦と麹菌を混ぜたものを一定の温度で1日ねかせます
麦と麹菌を混ぜたものを一定の温度で1日ねかせます
1日ねかせたこうじをほぐす作業
1日ねかせたこうじをほぐす作業