1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. 生産者や職員が消費者とふれあう/夢未来農業祭2014
  1. トップページ
  2. トピックス
  3. トピックス
  4. 生産者や職員が消費者とふれあう/夢未来農業祭2014

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

生産者や職員が消費者とふれあう/夢未来農業祭2014

 JA熊本市は『目指せ3つのファンづくり「たのしい」「おもしろい」「なかま」』をコンセプトに、11月1、2日「夢未来農業祭2014」を同市南区荒尾のアクアドームくまもとで開きました。

 会場では熊本市産の農畜産物や加工品を試食販売し、人気の商品は売り切れるほどの賑わい。約1万4千人の来場者が訪れ、生産者や職員による出し物を満喫しました。

 農畜産物の大試食会では、主要9品目(ミカン、メロン、ナス、トマト、ミニトマト、ピーマン、牛肉、牛乳、米)を生産者が自ら消費者にPRし、試食販売をしました。

 ステージイベントでは生産者が農産物を紹介し、来場者とジャンケンをして農産物をプレゼントしました。

 JA青壮年部の餅つき実演販売は、新米のつきたて餅を買い求めようと長蛇の列ができるほどの人気。JA女性部によるだご汁の販売や、JA野菜ソムリエ会による地元野菜を使った料理の試食も好評でした。

 その他、あぐりキッズスクール生による収穫野菜の販売、JAグループをわかりやすく紹介する「JAってな〜に?」コーナーを設置。

 JAの役職員が出品物を持ち寄ったチャリティーバザーでは22万8110円を売上げ、全額を熊本市エンゼル基金に寄付します。