1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. あぐりキッズスクール
  1. トップページ
  2. あぐりキッズスクール
  3. 第8回 自分たちで作った花束を持って卒業
  1. トップページ
  2. あぐりキッズスクール
  3. あぐりキッズスクール
  4. 第8回 自分たちで作った花束を持って卒業

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

第8回 自分たちで作った花束を持って卒業

 JA熊本市は平成24年度あぐりキッズスクールの閉校式を2月16日、同市中央区南熊本の本店で開催し、第8期の児童72人が卒業しました。

 スクール校長の宮本隆幸JA組合長が「1年間の農業体験などを通じて得た経験を大切にし、これからも農業や農産物に関心を持ってほしい」と言葉を贈り、 卒業アルバムと記念品を各班代表の6人に手渡しました。児童代表は「農業体験や旬の野菜などを使った昼食を通じて、収穫の喜びや命の大切さなどを学びまし た」と謝辞を述べました。
 
 この日は、熊本市特産のトルコギキョウやカスミソウを使ったフラワーアレンジメントに挑戦。
 
 「ちゃぐりん」の時間では、担任職員が手作りした野菜や果物のかるたで遊びました。
 
 昼食には、牛乳と生クリームでバターを手作りし県産の米粉パンに付けて味わいました。

 同JAでは平成25年度も同スクールを開校予定。

校長の宮本組合長(左)に謝辞を述べる児童代表
校長の宮本組合長(左)に謝辞を述べる児童代表
熊本市特産のトルコギキョウやカスミソウでフラワーアレンジメント
熊本市特産のトルコギキョウやカスミソウでフラワーアレンジメント
担任職員の手作りかるたを真剣な表情で
担任職員の手作りかるたを真剣な表情で
手作りバターで米粉パンをほおばるスクール生
手作りバターで米粉パンをほおばるスクール生